自由なブログ

オタク傾向がある妊婦です→産みました。子供とプリキュアを観るのが夢。

アニメ感想(2018年〜視聴

視聴済みで感想書いてなかった分のまとめ。個人的好き度やおすすめ度を★5段階で。

 

シュタインズ・ゲート ゼロ

★★★★★★★★

前作を観た(プレイした)人は視聴必須と思う。ゼロまで含めて一つの話。ゼロってそういう意味なのね…と最後の方にわかる。

世界を救うため苦しんだり覚悟を決めたりしてるのはオカリンだけじゃなかった。それが描かれていたのが良かった。

 

やがて君になる

★★★★★★★
端的に「百合アニメ」という分類で呼ぶには申し訳無い。もっと大きな、人を好きになるとはどういうことか考えさせられる内容だった。もっと若い時にこの作品に出会っていたら、考え過ぎて今頃結婚してないかもと思う。

続きが気になってコミック買った。
アニメのクオリティ良かった。

 

ピアノの森

★★★★☆
面白かった。

コンクール優勝の夢の具体的内容が最後まで分からなかったので、分かった時は感動した。

 

スター☆トゥインクルプリキュア

★★★★☆
ここ数年のプリキュアの中で一番良かった。髪をおろしたエレナさんかわいい。

 

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

★★★☆☆
話は面白かった。行ったり戻ったりあるからちょっと長いなと思った(現世の方)。

原作の時代のせいか、下ネタギャグが寒い。
主題歌の歌姫は二人ともとっても上手いし曲も良かった。
原作ゲームまではやらないかな。

 

ポプテピピック新作sp

★★★★★
「ポプ子にソース」がかっこいい曲。

 

心が叫びたがってるんだ

★★★☆☆
冒頭ローファンタジーかと思った。後から違うとわかった(いい意味)。

 

新海誠作品

★★★★★
雲のむこう、約束の場所
秒速5センチメートル
星を追う子ども
言の葉の庭
君の名は。
秒速が人気なのはよくわかった。言の葉の庭もやっぱりいい。私は星を追う子どももけっこう好き。
君の名は。が世間で騒がれてた頃忙しくて、テレビ放送を録画してそれもだいぶ経ってようやく視聴。でも自分にはわからなかった。若い頃だったら違ったのかな。

 

キャロル&チューズデイ

★★★★★
The Loneliest Girlが名曲過ぎる。マーズブライテストの時は泣いた。
箱からQT声のロボットが出てきた時は嬉しかった。
あとアーティガンが鳳凰院凶真っぽい。
キャロルとチューよりも、アンジェラ周りの方が色々気になる。ダリアの過去も含めてもっと観たかった。

 

robihachi

★★★☆☆
最初の何話か観て、同じパターンの繰り返しだと思ったので最終話まで飛ばして観た。

くだらないノリが良かった(主にヒザクリガー)。

 

コップクラフト

★★★★★★
好き。最終話の敵の倒し方がいい。
ファンタジー要素がなければ普通に実写ドラマのような話と思う。
この原作者の他の作品に興味が出てきた。
opの曲がとても良い。最初はダサい曲だと思ったのに、2回目以降もなぜか早送りできないで聴き続けた。温故知新なサウンド

 

7seeds

★★★★★★
古く有名な原作だけあってストーリーが抜群に面白い。続きが気になる。
蝉丸はいいやつなので報われて欲しい。

 

魔入りました!入間くん

★★★★★
とても良い。
人間界で不遇な扱いだった入間くんが、悪魔界に売り飛ばされて自分になかったもの(『自分』というものですら)を手に入れていく話。広く受けるのがわかる内容。
最近流行りの異世界ものをよく知らないので、最後に元の世界に戻るかどうか気になる。
入間くんの声優さんが男性で驚く。歌も歌っていたけど、女性の声にしか聞こえなかった。

 

バビロン

★★★★★★
良かった。とにかく続きが気になるやつ。そして色々考えさせられるやつ。人が死にすぎ。

終わり方が綺麗じゃなく、ぶつ切りでもなく良かった。
米国大統領のキャラクターが好き過ぎて、彼の言動をずっと観ていたかった。

 

ドロヘドロ

★★★★★★★
今一番のお気に入り。
最初はとっつきにくいけど、独特の世界がたまらん。作者が女性と知って今年一番の驚き。
草野球するシーンで、カスカベ博士が松村の遺体で作ったフランケンが沼にゆっくり沈むの面白かった。というかこの世界で草野球してる事自体面白いような。
能井ちゃんかわいい(マッチョの方)。
続きがものすごく気になる。コミック買いたい。
灰と幻想のグリムガルで音楽つけてた人達のop&ed曲もすごくいい。

アニメの感想(Re:CREATORS/映像研)

Re:CREATORS ★★☆☆☆

切ろうと思った時には1期を完走していたので2期も完走。
みたことないけど、アニメ化に恵まれなかったラノベってこんな感じかなって印象。テキストで読んだ方が好きになれそうな感じ。

なぜならまずセリフや説明がとにかく長いので見ていてじれったく感じた。
それと今まで見たお仕事系作品と比較してしまうと、内容が内輪受けしそうだけど業界人以外には押し付けというか言い訳がましく聞こえる部分もあり。
それと主人公?のソウタ殿には感情移入できる点が無く、好きになりきれなかった。

同時進行で「映像研には手を出すな!」も視聴していたので、「アニメを作る」という視点では映像研の方が身近に考えることができたし、大変さも自然に感じられたので、その比較ができたのはよかったと思う。

好きだった点を挙げれば、
*マガネちゃんが魅力的で設定がいいキャラクターだった
*何かとメテオラを「めっちん」呼びで頼りにしてる弥勒寺のにーちゃんかわいい
斧アツシの声は渋くて良い
*作画がずっと安定してきれいだった

途中であるキャラクターが退場するんだけど、その時あるスラングが頭に浮かんで、なんか悔しかった。

映像研には手を出すな! ★★★★☆

淡々とした演出がとても良かった。修羅場やピンチがあっても必要以上に煽らないので逆にリアルな空気感がある。
空想部分のSEが口真似なの、宮崎駿風立ちぬを思い出す。

萌えとは無縁のアニメと思われたけど、映像研のために奔走して疲れたのかラーメン待ってる間にゴロ寝しちゃう金森さん、ウサギのぬいぐるみと一緒に毛布にくるまる浅草氏にちょっと萌えるぐらいに面白かった。一番カッコいいのは水崎ツバメ。
基本的にはみんなカッコいいです。何かのためにひたむきな姿勢のある人はカッコいいですね。

あとアニメーターの仕事は思った以上に過酷そうで、どんな仕事も安易にやりたいと思ってやったとしてもそれだけじゃ続かないなと今更ながら思う。
なりたくてその職業になったわけじゃなくても続けてる人だっているし、憧れが入り口となった人もいると思うけど、そんな人の毎日を支えるものは憧れだけではとても足りないはず。

とまじめな考えも浮かぶ楽しい良アニメだった。
浅草氏の声と金森さんの顔のインパクトが強くて忘れられない。

アニメの感想(グレンラガン/のんのんびより/3月のライオン/BANANA FISH)

天元突破グレンラガン

最初はダサい子供向けロボットアニメみたいでつまらないと思った。勝敗も気合いが全てなの?って感じで。でも確か7話くらいからおもしろくなってきたと思ったら、意外な人物の突然の死。えっ…、この人いなくなってここからどうすんの?って思って、そこからは引き込まれた。そして時間が飛び後半からは雰囲気がかなり変わる。
気合いが大事みたいな部分は最後まで変わらないけど、劇中の理論で納得させてくれるように話ができていて、それを分かりやすく説明する役のメカニックおネエがいいキャラ。あと、敵側の中ボス的な奴がアツくてとてもいい。声優が檜山修之なのもとても大きい。
trigger節が苦手とか飽きたって人もグレンラガンなら大丈夫かもしれないと一瞬思うけど、やっぱダメかな。
星★★★★☆。評判に期待値が上がり過ぎていたかもしれない。

のんのんびより一期

星★★★★☆
一期はリアタイでは途中からの視聴になっていたので、dアニメで頭から全部みた。自分の中では二期が神になってしまっていて、一期は良質な安定剤として寝る前にみていた。
家の人についなっつんの口調で口答えしたらキレられた。反省。

3月のライオン

これは少女漫画の格好をした文学作品だと思っている。
「いい結果が出なかった時に(あの時練習サボったからなあ)と逃げてしまわないように頑張る」とか、「誰かに頼らないと誰も頼ってくれない、そうやって世界がまわっている」といった趣旨の、普遍性のある名言がゴロゴロ出てきて心に残るところ、ポエティックなところ。
擬音が人の声で表現されてるのは何だか恥ずかしかった。
星★★★★★★★

BANANA FISH

おもしろかった。社会の闇の部分の話。見ている途中で最後の予想が薄々ついてはいても、終わった後は心に穴があいたよう。事件は一部暴かれたものの社会の闇は無くならないし、失われたものが多すぎた。
あとOPとEDの楽曲がストーリーと世界観にピタリと寄り添っていて良かった。特にサバプロの曲。
星★★★★★

アニメの感想(オルフェンズ/鬼平/落語心中/ヲタ恋/レヴュースタァライト)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

ネットでは二期目の失速感や終わり方について色々言われているようだけど、私は毎回楽しみに完走できた。確かに、一期と違ってチョコレートの人の小者感とかツメの甘さは気になるけど、革命ってものは上手くいかなければそんなものなんじゃないの?と終わってみて想像する。私の知っているような革命は上手くいったものだけなのでは。
そして生き残った少年兵達はコネを頼って権力者に身分ロンダリングしてもらい生き延びる…というのも、裏社会ではいかにもありそうな話だし、戦場の華と散った少年兵のことはこれまた権力者の情報統制によって当事者しか知らず…スッキリしない終わり方というか、まだ始まったばかりのような途中で、世界が変わるきっかけの一部を見ただけに過ぎない状態。
というのをひっくるめて、全部が上手くは行かない、カタがつかないところになんだかリアリティーを感じて、私は良かった。
あと主題歌やエンディング曲も毎クール良かったなあ。オルフェンズの涙は今まで見たアニメのエンディング曲で一番の衝撃だった。
星★★★★☆

鬼平

原作を読んでないし時代劇も観ない素人の自分としては、ただただ話が面白かった。泣きそうになる話もコメディもあり、一話完結でまとまっていたのも良かった。
特に「暗剣白梅香」と「泥鰌の和助始末」が好き。その人なりに一生懸命に日々を生きている人が、ちょっとした悪意で周囲から弾かれたり命をおとしたりするのがやりきれなく、キュッとした。
1クールがあっという間で、もっと色んな話を見たかったなー。
星★★★★★

昭和元禄落語心中

評判の高さと原作の試し読みでどうしても視たくなり、dアニメで。
落語の内容とストーリーのシンクロ具合が双方をより感動的に盛り上げる。魅力的な登場人物に声優さんも良かった。特に幼女時代から壮年まで一人でこなした小林ゆうスゴいし落語はカッコよかった。最後まで観ないと気付かない部分もあった。
落語は「芝浜」以外初めて聞いたけど、アニメの中の芝浜は飛行機の中で聞いたそれよりも断然泣けた。
星★★★★★★

ヲタクに恋は難しい

うらやましくなる。会社の中で休み時間に趣味全開とか、友達できるとか無理だわ。ちゃんと仕事してるのかツッコミたくなる。
星★★★☆☆

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

主題歌や劇中歌がかっこよくて良い。カラオケに行きたくなる。
本筋のストーリーは正直きちんと咀嚼するのを諦めたけど、各キャラのストーリーは良かった。
ウテナ風味。
星★★★☆☆

名作ゲームをやってみた(シュタゲ/ドラクエ5/ドラクエ4)

STEINS;GATE

シュタインズ・ゲート、略してシュタゲ。控えめに言って最高の部類。

自分はアニメと平行してゲームもやっていたけど、ゲームを全部クリアしてからアニメを見た方がいいと思った。

一度は誰もが思う「あのときに戻ってやり直したい」という普遍的なテーマを、秋葉原の人達を主人公に描いたノベルゲーム(という言い方、もう古いのかな)。

知らない2ちゃん用語や科学用語も出てくるけど、辞書機能みたいなのがついてるから大丈夫だった。

最高だと思ったのは、ノベルゲームという形式上でプレイヤーが、主人公が何度も同じ時間をやり直す心情や徒労感を追体験しているように感じる点だった。
ノベルゲームはストーリーの中にいくつもの分岐点があって、その選択によって回収できるイラストやたどり着くエンディングが変わってくる。前のセーブまで戻ってやり直し、前とは別の選択肢を選んで違うルートに入る…という作業が、主人公の辿るストーリーとリンクしている点が素晴らしく感じた。

ゲームは続編があって、ハードを持っていないのでやらなかったけど、アニメ化されて視聴。それもまた最高だった。

無印はPSPでプレイしたけど、ロードが長くてテンポ悪いな…と時々思う他は、やはり携帯機の利便性が上回った。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

今さらだけど人生初のドラクエ。DS版。
モンスターが仲間にできて、みんななかなか可愛げがある。おばけキノコのフィールドをヨチヨチ歩く姿がとてもかわいい。

後はストーリー。映画みたいだと思ったら映画化した。嬉しいけどそれはそれで不安…見たいけど見たくない…でも見たい。
けっこう暗い話なはずだけど、出てくる人達はカラッとして楽天的な印象。

シリーズ通して、主人公が喋らない(セリフがない)のはとても重要なことだと思った。

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ゲームとしての楽しさは天空の花嫁が好きだけど、ストーリーはⅣの方が好き。セリフがないのにラストに余韻を感じる。プレイ2回目のラストで泣けてきた。

後はやっぱり、ホイミンとの旅が楽しかった。別れた後どうしていたのか、想像の余地があるところもいい。

ゲーム内容は、トルネコ編が若干作業じみてダルいのと、魔法の利便性を考えるとパーティーメンバーが固定化されてしまうのが少し残念。ブライやミネアがもっと使い勝手が良ければなー。

© 2013 自由なブログ