自由なブログ

オタク傾向がある妊婦です。子供とプリキュアを観るのが夢。

マタニティウェアを節約しよう

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

長いこと不妊治療をしていました。 公的補助金も規定回数いっぱいまで使い、年齢的にももう若くはなく、そろそろやめ時かと心の準備をしていたところ妊娠しました。 正直まだ戸惑ってますが、自分の記録が誰かの役に立つこともあろうかと思い、今回はマタニティウェアの節約について書いています。不妊治療についてはまた別の機会に。

マタニティウェアはいつから必要だったのか?

私の場合、妊娠5週ころからつわりらしき症状が発現しましたが、その頃からも
うパンツのゴムやズボンのウエストの締め付けがかなり不快でした。なので早々
に下着類から買っていきました。

 

「マタニティウェア」はもったいない

マタニティウェアは着る期間が短いわりに、妊婦の体型に合わせた工夫をこらし
てある分値段が安くはないことを考えると、次々と手を出すにはもったいない気がします。でも最近はデザインに優れたオシャレなものも沢山あり、カタログを見ているとあれもこれも欲しくなってしまいます。


しかしですよ、そんな服を好きなだけ買っていてはマタニティ用品店の思惑通
り! いや、お金がいっぱいあるとか、オシャレを楽しまなければ人生の意味が
ないという方は買ったほうが色々良いと思います。


ただ私の場合、ここ数年は仕事も在宅だったり短期だったりで、外出着がそれほ
ど必要というわけではないうえ、フルタイムのときに比べ収入も多くありませんでした。家にいる時間が多い分洗濯がこまめにできていたので、最低限のものを厳選して買うようにし、最終的に「マタニティ」と名のつく服の新規購入はコレだけにとどめました。

(腹巻やベルト、入院用の産褥下着なんかは含めていません。)

 

3COINS(スリコ)のマタニティタイツは良かった!

個人的に、3COINSのマタニティ裏起毛タイツは買って損ナシの一着でした。
ネットで色々見ていたところ、裏起毛のマタニティタイツは1,000~1,500円くら
いが当たり前だと思っていたので、300円(+税)のタイツって品質的に大丈夫
なの?と、しばらく買うのを迷っていました。しかしそのうち寒くなって手持ち
の一本の出番が増え、洗い換え用にもう一本欲しくなったとき、300円なら失敗
してもそれほど痛くないと思って買ってみました。


実際履いてみたところ、既に持っていた1,200円の著名販売会社の物に遜色ない履き心地です。サイズがM~Lのワンサイズしかありませんが、着用目安の腹囲は110cmまでとなっていて、後期の今も快適に履けています。既に持っていた物はL~LLサイズでしたが、それより生地がやわらかく、締め付けが少ない気がします。
生地がやわらかい分毛玉が目立ってきましたが、ワンシーズン着倒すには最適
な買い物だったと思います。

 

マタニティ以外の服を購入

マタニティウェアを最低限に抑えた代わりに、妊婦腹でも着られて妊娠期以降も
着られる普通の服を数着買いました。

 (元々持っていたサイズが苦しくなったので、ワンサイズ上への買い替え)

  • ユニクロのワンピース
  • ユニクロのヒップハングショーツ×2(お腹にかからないので楽)

 

元から持っている服を改造

パジャマやレギンスのウエストゴムが取替えできるタイプのものは、取替え用の
ゴムを買ってきてゆるめに入れ替えれば、妊娠中も着られます。
妊娠の計画や予定がある人は、新しく服を買うときにウエストゴムの取替え口が
ついているものを買うようにすると節約になると思います。

 

旦那の服を着る

旦那がヨレヨレになったTシャツやハーフパンツを捨てようとしていたので、そ
れをもらって、夏の間の部屋着にしてから捨てました。だいぶサイズが大きかっ
たので、ウエストは安全ピンで調節。
冬の上着も借りてみましたが、袖がだいぶ余ってしまって行動しづらく、捨てる
服でもないし外出着なので安全ピンを刺したりもできないし、あまり着ませんでした。家の中で着るものなら借りてもそれほど困ることはないのかなと思います。

 

捨てようと思っていた服が活躍

自分の下着で、びろびろになってもう捨てようかなーと思っていたものが役に立
ちました。つわりのときはパンツのゴムやブラジャーのアンダーのきつさが気に
なるので、着古して適度に伸びたゴムと生地が快適でした。
ちょうど新調のタイミングに差し掛かった下着が多く、ほとんどは捨ててしまっていたので、すぐに捨てないでもう少しとっておけば良かったなと思ったりもしました。

 

マタニティ雑誌やカタログを読んでいると、揃える目安の枚数が書いてあったりして、あれもこれも必要な気になってしまいがちですが、本当に必要なものは個人差が大きいと思いました。

最近はゆるいシルエットのシャツやニットが流行っているので、もともとそういう服を持っているのなら、ボトムスを少し買えば事足ります。

また、普段から着回しのきくシンプルなものを選ぶのも大切だと感じました。シンプルな服のほうが合わせたとき全身のバランスがとりやすいですし、オシャレに見えます。

それに出番の多い服だけ持つようにすれば、クロゼットの中身も減らせるだろうということを、今回の妊娠を機に気づきました。

© 2013 自由なブログ