自由なブログ

アニメやゲームの枠にとらわれず書きたくて、色々変えました

「何でも話せる友達」=「親友」ではない

と私は思っている。

私には親友と呼びあえる友達がいるけれど、その人にだって自分の思っていることを見境なく話したりはしない。

 

それでも、その人にはかなり自分に関して広範囲のことを話すことができる。

天気やグルメなど誰にでも話せる上っ面の話題・通り一遍の感想を気にして選ぶ必要はなく、世の中のことやそれに対して自分の思ったことなど、「私の」考え、「私の」気持ちにフォーカスした話を比較的素直に表すことができる。

それは、その人も私に対してはその人の気持ちを伝えようと話をしてくれるからであるし、お互いにお互いの考えを頭ごなしには否定しない精神が宿っているからだ。

 

そうだとしても、やっぱり何でもかんでも話すわけにはいかない。

例えば私は生まれ育った家庭と家族について黒い感情を持ち手放せずにいるけれど、話したいと思った相手は若い時分に家族を失うというつらい経験をしている。

それまでのその人の家庭は絵に描いたような幸せな家庭であったので(私の家庭も傍目にはごく一般的な家庭にしか見えなかっただろうが、内部構成員であるときには分からなかった)、私の隠し持っている感情を話しても理解してもらえるか不安があるし、なにより家族が健在の私が家族についての嫌悪感をその人に語るなど、立場上その人を傷つける可能性があり、望まないことだ。

 

私自身「何でも話せる友達」と思ってもらえるのは決して悪い気分ではなく、自尊心を持って生きていく上でむしろ名誉なことだとは思うのだけど、一方で本当に「何でも」話されてしまうと重荷に感じることだってあるし、反応に困ってしまうこともある。例えば、性生活の詳細などである。

えっと、私のやつも聞きたいからなの? 図りかねる!

そこまで話さなくたっていいじゃない、と思うような内容まで私に明け渡されてしまうと、逆に自尊心が傷ついたように感じている自分がいる。

 

友達とは色んなことをたくさん話したいけれど、いつも時間が限られている。

これからの時間を有意義に使うために、もしまた傷ついたように感じることがあったら、ちゃんとその人に話そうと思う。

特別な関係の私だからこそポロッと話してしまうのだと理解もしていたけれど、もし他にも同じように親しい関係の人がいて、同じように話していたとしたらその人にとって知らず知らず損害だと思うし、そういうこともきちんと伝えるのが本当の友達なんじゃないかと思う。

それに、その人にとっても私がいつの間にか傷ついたように感じているなんて望まないことだと思う。そして私自身が予期せぬ一撃から自分を守るための一番の解決策も、ちゃんと話すことしかない。

 

その人との関係に傷がつかないか、変わってしまわないか? 長年積み上げてきた信頼があってもなお、ちょっと不安に思う気持ちがあって、今までスルーしてしまった。いや、長年の信頼がある分、もしかしたら長年のちょっとした澱も積もりに積もっていて、これを機にお互いの蓋がはずれ、見たくなかった鍋底が突沸しやしないかと心配で、避けてきてしまったのだ。

だけど、その人とはちゃんと親友でいたいと思うからこそ、やっぱり話さなければいけないことがあるのだと思う。今まで色んな話を聞いて受け入れてくれたその人のことを信じて、話してみようと思う。

観終わったアニメの感想(おそ松さん/ヒロアカ/クラシカロイド)

 

おそ松さん(1期再放送)

評判が良かったので、どんなもんかとちょうど再放送があったのを見てみたら、やっぱり面白かった。お蔵入りの真の第1話が観られなかったのだけ残念だ。

子供のころ「おそ松くん」はTVでやっていたけど、あれとは全然違う。カオスだし下ネタ多めだし、基本くだらないところが気楽に観られて良い。たまーにシリアスなときもあって、心外にえぐられるところもハマるポイント。

最初は兄弟の見分けがつかず、声でなんとか判断していたのに、観てる途中でしっかり「推し松」までできますからご安心を。親切にイメージカラーもついていて、ももクロ関ジャニ∞を彷彿とさせます。私のイチオシは十四松。カラ松も好き。

 

視聴層はけっこう若い(10代とか)みたいだけど、現役ティーンにはわからないだろうネタもけっこうあって笑った。

「十四松まつり」の中で、パチンコに勝ったことを秘密にして欲しいカラ松とのやりとりの中の

「CRただいまー」

は傑作だった。この部分のコントはTVのお笑い芸人を観ているようで、実際のお笑い芸人よりも面白いくらい。

あとイヤミが女体化して兄弟たちから金をまきあげようとする回。イヤミがうっかり口癖の「ざんす」を発してしまったときのごまかし方が

「ざん…、ざん……ザンギエフって強いですよね」

ってのも刺さるわ。ザンギエフ、うまい人が使うとすごく強いよね!

それを聞いたチョロ松がますます魅かれてるのも妙にしっくり。

 

最初は、全力ニートであるところの兄弟達だけがクズなのかと思いきや、イヤミもダヨンもトト子ちゃんですらなかなかのクズであることに気づき、救いがないのが一周まわって救われた気分にもなるアニメでした。

世の中クズじゃない人なんていないのだ、きっと。部分的にはみんなクズなんだ、私だけじゃない、よかった、安心した! そんなおおらかな気持ちになれました。2期も観るわ。

 

僕のヒーローアカデミア(1期)

熱いキャラとストーリーのまさに王道ジャンプ漫画って感じです。

導入(主人公が入学するころまで)が結構長くて、悪く言えばテンポ悪い・良く言えば丁寧なつくりだと感じたけれど、入学して幼馴染と対決するぐらいからグイグイ面白くなってきた。最後の3話くらいになると、冗長に感じた導入も山場を盛り上げるための大事な下地だったんだと気づきます。

後から調べてみると、アニメ1期で単行本の3巻の途中までしか消化してないということに驚いた。最初から長く続くつもりのアニメ化だったのかな。

 

理想のヒーローを具現化したようなオールマイトさんがとにかくカッコイイ。

アメコミからそのまま出てきたような一人だけ画風の異なるヒーローで、世界的なトップのオールマイトさんが主人公の師となるのだけど、オールマイトのヒーローとしての力は日に日に弱ってきていて、タイムリミットが近いのです。

視聴者側にその設定をわからせた上で、なおヒーロー生命を削りながらも人々の希望や理想であり続けようとする彼は「プロの責任」や「重圧」と口にするけれど、それだけじゃなくヒーローとしての素地である「正しい心」みたいなものが彼(や周りの人)を突き動かしてるんだとわかるところが熱い。

11話ラスト~12話冒頭、大ピンチにようやくオールマイトが現れるシーンは思い出すだけで泣けます。決め台詞

「もう大丈夫、私が来た!」

を聞くと、観始めの頃は最強ヒーローが来てくれた安心感だけだったのに、ここまで観ているとオールマイトの色んな思いがこってり乗っていてつらい。活動限界もあるのに、みんなを安心させるためにそう言わざるを得ないなんて。

 

今まで観てきたヒーローものと比べてみると、

サムライフラメンコとかコンレボでは「正義とは何か」「ヒーローは誰なのか、本当のヒーローはいるのか」みたいな投げかけを感じた一方、ヒロアカは一途に「理想のヒーローになりたい」という憧れを追い求めるところがわかりやすくて、ジャンプらしいなと思います。

そしてヒーローと戦う立場にヴィランがいるわけだけど、ヒロアカの世界でははじめから正義と悪が分かれてうまれているわけではなく、「個性」と呼ばれる力をどう使うかでヒーローにもヴィランにもなれる点が色んなドラマのキモになりそうなところに魅力を感じます。

 

コミックをためし読みしてみると、アニメとは違ったテンポを感じるし、絵がすごく上手くて迫力のある線に魅かれた。紙のコミックも読みたいなー。

 

クラシカロイド

設定(最近よくある歴史上の人物を使うやつ)が面白そうだなーと思って見始めた。

クラシカロイドが作られた目的みたいなものは最終的に明かされるけど、そういうのは見続けるうちにどうでもよくなっていて、リメイクされた音楽家達のキャラとドタバタした日常が面白くなってた。

あるとき、クレジットで監督がおそ松さんと一緒だと気づいたときに納得。

ベートーベンが告ってないのにフラれるところ(シューベルトがラップに目覚める回だったような)は普通に笑ってしまった。

まさかの2期が始まっていて、けっこう嬉しい。

観終わったアニメの感想(舟を編む・ベルセルク・進撃の巨人・ガーリッシュナンバー)

舟を編む

感情表現の過剰なバトル系アニメとは違い、小説原作だからか、淡々と進行していくところが落ち着いていて、なんだか志村貴子の漫画に通じるところがある気がした。主人公の結婚とかけっこうな年月の経過をさらっと流すの。そういうところ、好きだ。

辞書を世に出すのがこんなに気の遠い話だとわかるだけでも面白かった。
あと、仕事ってやっぱり面白いこと100%にはならないなって。向いてる仕事に就けたとしても、苦手な部分や理不尽は必ず付随するものだなって改めて思う。
いいお仕事アニメでした。

 

進撃の巨人3期

OPの歌がカッコ良すぎる。今までの進撃の歌で一番好きだ。歌詞を読むとちょっと泣きそうになるぐらい素晴らしい主題歌です。激しく何かに心臓を捧げたい気持ちになります。
コミックを先行して読んでるけど、忘れてる話がちらほらあったから読み返そう。

それ以外は何も言うことなしの垂涎エンタテイメントだった。

 

ベルセルク1・2期

とっても面白かった。特に1期のモズグス様の固すぎる信仰心と声優さんの怪演に釘付け。モズグス様が死んだ時の喪失感で続きを見るのやめようかと思うほど、モズグス様は楽しかった。技名「千手カノン」には笑ったわ。


私がもうひとつ楽しいのは、ファルネーゼセルピコの関係。貴族の娘と従者なんだけど、実は異母兄弟で娘はそれを知らず、従者はそれを口外しないことを条件に地位を得ている。そして娘はけっこう精神的に歪んでいるんだけど、幼少から娘に付き合ってきた従者の歪みも大きくて、ガチガチの共依存だったのに、主人公と旅を共にすることでそれが崩れていきそう。二人の間には恋愛に似た感情もないこともなさそうなんだけど、結ばれようが結ばれまいが二人が幸せになるエンドが全く想像つかないので、二人がどうなっていくのかも気になります。


主題歌や挿入歌、BGMも世界観に合っていて、音楽面も最高だった。
全体を通して、人間の持つ罪のようなものを描いているので、ダークで重い。そういうの好きな方だから、見て良かった。

 

ガーリッシュナンバー

主人公の女の子が中々のダメ人間。彼女にずっとイライラしながらも最後まで観てしまった。彼女の成長を見て爽やかな気持ちになれるのを期待してたけど…ちょっとしか進歩してないし、色々危機感抱くの遅すぎでしょっ!と思ったまま終わってしまった。わざとらしいカタルシスがない分、リアルなのかも知れないけど…あんまり好きになれない一本だった。原作で読んだらまたきっと印象違うんだろうなという雰囲気。


声優さんやアニメの世界が厳しいものだってことは端々からわかったので、それは良かったと思う。

 

--------------------------------

外付けHDを買ってから録画を溜めるばかりで、なかなか思うように観られない。

ただ、昔のように家事メインで横目でアニメ見てたときと違って、ゆっくり観られて内容に集中できるのは良い。内蔵HDDの残りを気にして急ぎ足で見ることもなくなった。

下手したら1年前のアニメがまだ残ってたりするけど、気にせず観たいものから観ることにした。

名作ゲームをやってみた(FF7)

高校生の時だったか、周りはみんなやってたFF7
私の家ももちろん買ったけど、一回やったきりでストーリーも大して覚えていないという体たらく。
我が夫が購入していたPSPのインターナショナル版を借りて久々のプレイです。

プレイステーションになった時FFは今までの平面ドット絵じゃなくなって、大層違和感を覚えた記憶が。
大きく変わったグラフィックもさることながら、FF7の特徴は何と言ってもそのストーリー。
それまでイメージしていたRPGのストーリーとは違い、主人公が何者なのかという大きな謎を追うミステリーにプレイヤーはグイグイと牽引されていく。
終盤でその謎が一気に明らかになるとき、何事にもクールでちっとも感情移入できなかった主人公に突然親近感がわいてきて、この転換点の鮮烈さが心に刻まれました。
また、そのシーンを今まであまり覚えていなかったのは、当時の自分がまだ主人公の感情を理解できるほど大人ではなかったからなんだとわかりました。


FF7は未来に溢れた子供よりも、夢に破れた経験を持つ大人にこそフィットする物語だと思います。

 

主人公だけでなく仲間のサイドストーリーも良かった。
個人的には、バレットと親友だった男の話、レッド13の故郷を守った戦士の話が良かったなぁ。

 

当時は女の子キャラは誰がいいかで周りの意見がかなり割れて、その理由を聞くのも楽しかった。
昔は何となくエアリス派だったけど、今回プレイしたらティファがとても好きになった。ゴールドコーストのホテルで不安がるレッド13に、不安なのはあなただけじゃない!と、感情的になりながらも状況を教えてくれるところで、なぜかすごく好きになっちゃいました。

 

ゲームのシステム面では新しくマテリアというものが出てきて、その組み合わせで戦闘能力がカスタムできるので、その面でも色々と楽しめました。

ブレイブウィッチーズ

見始めました。

id:timelostさんのオススメがあったので録画しといたものです。

アニメ「ブレイブウィッチーズ」公式サイト

みんな下はパンツしかはいてないよ!と思ったら、あれはパンツではないようだ。

他にも、けも耳や尻尾が生えたりサウナシーンがあったり色々気になってしまう!けれど、サービスだなあと見ているうちに慣れてしまえば、話はとても丁寧だし王道を行っていて、とても良いです。

ぱっと見、手をつけるのに少し勇気が必要だったけど、それで避けていたのならもったいないことだったなと思います。表層で内容まで知ったつもりになることって結構あるけれどその良い例でした。

 

 第4話「戦いたければ強くなれ!」は特によかった。

新たな任務のために入隊するはずだった優秀な姉の代わりに戦力になりたい主人公だが、能力はいまひとつ・やる気と根性は人一倍。入隊のための課題は、他人と同じやり方ではクリアできないものだった。

教育係のロスマン先生は過去にも主人公と同じように、やる気はあるのに向いていない者を熱意に負けて出撃させたが、戦闘で傷つき戦えなくさせてしまったことを後悔していた。「戦場では、能力のない者は本人も周りも悲しい思いをする」と話すと主人公は「でもその子は悲しかったのかな」と口にする。

確かに周りに迷惑をかけるだけなら悲しいけれど、たとえ短い期間でも、少しでも貢献できるなら、悲しい結果になったとしても本人にとっては後悔はないのかも知れない。

結局、主人公は仲間や先生の支えもあり課題をクリアすることができた。(その課題は主人公の苦手な部分をなんとかするための訓練でもあった)

 

姉のようになりたいと話していた主人公に「それは無理よ」と突きつける先生だけれど、真意は「あなたはあなたになりなさい」ということだった。

人にはその人に合ったやり方や得意な部分があり、輝ける場所はそれぞれあるから、他の部分では劣っていたとしても、努力の方向を間違えないようにして長所を活かすようにすることが大事なのだなということを考えた。

内容的に次の第5話にもつながっていく話だと思う。

 

ぱっと見敬遠していた理由の一つに、女の子がいっぱい居すぎて覚えきれない!しかもみんな名前長いよBBAには無理だ…というのもあったけれど、見ているうちに自然と誰がどんな人かわかる話になっていたので助かった。さすがに全員のフルネームまでは覚えられないけどね。二パとジョゼかわいいです。

© 2013 自由なブログ