読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳でアニメに目覚めたロスジェネの放浪記

アニメ・漫画・本の感想を主に書いています。ロスジェネなせいか色々彷徨ってます。

志村貴子との出会い、血界戦線に思うところ、ニンジャスレイヤーが気になる

ブログランキング・にほんブログ村へ

志村さんの本がここ最近立て続けに出てて、どうしたんだ志村さん仕事しすぎだろ大丈夫か、と思っていたら「志村貴子まつり」なるものが起こっていた。知らなかったよ~。祭りはいいけど、志村さんが働き過ぎで壊れないか心配ではある。

www.ohtabooks.com

待望の「娘の家出」2巻も出たし、カミングスーンのBL本とか楽しみすぎる。志村貴子のBLとか楽しみすぎるううう! 画集も買ってしまおうかしら。人生で初めて画集を買うかもしれない。思えば初めての志村本はジャケ買いだったし。

昔、初めて訪れた街でたまたま入った書店にて、放浪息子の1巻が平積みで1冊まるまる読めるようになってた。表紙に惚れて中身もその場で全部読んで、これは何度も読みたくなるだろうから、そのときのためにと思って買って帰った。

その書店はいつの間にかなくなってしまって、結局その一度しか行くことができなかった。新刊を立ち読みできるようにしてある本屋なんてとんと見かけないし、売り上げ的に厳しくなってしまったのかもしれない。

(読んでみて気に入ったら買ってね)的なその店の計らいを感じとって購入した部分も少しあるような気がする。いずれにせよ、その書店のおかげで志村貴子と出会えたことには感謝の念を抱いている。

 

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

血界戦線のアニメを3話まで見たわけだけど、これまではこのアニメの楽しみ方がよく分からなかった。なんというか、どういう方向性にしたいのか掴みかねていたわけだが、1話2話のようなバトルが無かった3話を見てなんとなくだけど分かってきた感じ。

多分、異界のものたちがごく普通に存在する街の人たちの日常を楽しむ、「日常系雰囲気重視アニメ」。

太い文字で技名が出るから、バトルがメインのオサレアニメかと思ったけど、バトルもする人たちの人情と街のかもすアトモスフィアに身をたゆたうアニメだと思って見続けることにした。3話にあの話を持ってこられなかったら、以降見なかったかもしれない。

コミックスを数巻ためし読みしてみると、日常系の雰囲気がますます感じられた。

血界戦線/1/―魔封街結社―| 内藤 泰弘| ジャンプコミックス|BOOKNAVI|集英社

つーか続きが気になるところで終わっているので、まんまと販促に乗ってしまいそうだ。バーガー好き異界人の話と、スティーブンのホームパーティーの続きがめっちゃ気になる。コンセプトが「技名を叫んでから殴る漫画」らしいが、バトルが無くても十分いけると思うの…

 

アニメに対する某所のコメント欄は、前から原作が好きな人たちの酷評と、アニメだけ見ている人たちの好意的評価が堂々巡りしてた。

私も、先に漫画を読んでいたらアニメの出来には憤慨しちゃうかもしれないけれど、前情報を仕入れずにアニメを見たのと、べるんさんのこちらの記事を読んで、アニメと原作は独立した世界で違う物語という見方もあるということに膝ポンしていたので、そこまで目くじら立てずに楽しむことができていると思う。

 

 個人的な不満をひとつもらすと、クラウスさんの声が24のジャックバウアーすぎてムズムズする。私の脳内ではクッキングパパの声みたいなイメージだから近い感じではあるけれど、ムズムズ。

 

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

ニンジャスレイヤーが気になって仕方がない。気になりすぎて、ネットで忍殺語を調べて読みふけったりしてしまうほどに。

アニメは見たけど、なんか違うなって気がする(原作未読なのに)。

コミックを買ってみようか、画策中。原作はツイッターで読めるらしいけど、読みづらいだろうと思うから、読むなら紙の本を買う。