自由なブログ

アニメやゲームの枠にとらわれず書きたくて、色々変えました

観終わったアニメの感想(舟を編む・ベルセルク・進撃の巨人・ガーリッシュナンバー)

ブログランキング・にほんブログ村へ

舟を編む

感情表現の過剰なバトル系アニメとは違い、小説原作だからか、淡々と進行していくところが落ち着いていて、なんだか志村貴子の漫画に通じるところがある気がした。主人公の結婚とかけっこうな年月の経過をさらっと流すの。そういうところ、好きだ。

辞書を世に出すのがこんなに気の遠い話だとわかるだけでも面白かった。
あと、仕事ってやっぱり面白いこと100%にはならないなって。向いてる仕事に就けたとしても、苦手な部分や理不尽は必ず付随するものだなって改めて思う。
いいお仕事アニメでした。

 

進撃の巨人3期

OPの歌がカッコ良すぎる。今までの進撃の歌で一番好きだ。歌詞を読むとちょっと泣きそうになるぐらい素晴らしい主題歌です。激しく何かに心臓を捧げたい気持ちになります。
コミックを先行して読んでるけど、忘れてる話がちらほらあったから読み返そう。

それ以外は何も言うことなしの垂涎エンタテイメントだった。

 

ベルセルク1・2期

とっても面白かった。特に1期のモズグス様の固すぎる信仰心と声優さんの怪演に釘付け。モズグス様が死んだ時の喪失感で続きを見るのやめようかと思うほど、モズグス様は楽しかった。技名「千手カノン」には笑ったわ。


私がもうひとつ楽しいのは、ファルネーゼセルピコの関係。貴族の娘と従者なんだけど、実は異母兄弟で娘はそれを知らず、従者はそれを口外しないことを条件に地位を得ている。そして娘はけっこう精神的に歪んでいるんだけど、幼少から娘に付き合ってきた従者の歪みも大きくて、ガチガチの共依存だったのに、主人公と旅を共にすることでそれが崩れていきそう。二人の間には恋愛に似た感情もないこともなさそうなんだけど、結ばれようが結ばれまいが二人が幸せになるエンドが全く想像つかないので、二人がどうなっていくのかも気になります。


主題歌や挿入歌、BGMも世界観に合っていて、音楽面も最高だった。
全体を通して、人間の持つ罪のようなものを描いているので、ダークで重い。そういうの好きな方だから、見て良かった。

 

ガーリッシュナンバー

主人公の女の子が中々のダメ人間。彼女にずっとイライラしながらも最後まで観てしまった。彼女の成長を見て爽やかな気持ちになれるのを期待してたけど…ちょっとしか進歩してないし、色々危機感抱くの遅すぎでしょっ!と思ったまま終わってしまった。わざとらしいカタルシスがない分、リアルなのかも知れないけど…あんまり好きになれない一本だった。原作で読んだらまたきっと印象違うんだろうなという雰囲気。


声優さんやアニメの世界が厳しいものだってことは端々からわかったので、それは良かったと思う。

 

--------------------------------

外付けHDを買ってから録画を溜めるばかりで、なかなか思うように観られない。

ただ、昔のように家事メインで横目でアニメ見てたときと違って、ゆっくり観られて内容に集中できるのは良い。内蔵HDDの残りを気にして急ぎ足で見ることもなくなった。

下手したら1年前のアニメがまだ残ってたりするけど、気にせず観たいものから観ることにした。

© 2013 自由なブログ