読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳でアニメに目覚めたロスジェネの放浪記

アニメ・漫画・本の感想を主に書いています。ロスジェネなせいか色々彷徨ってます。

視聴終わったアニメの感想

アニメ プリキュア
ブログランキング・にほんブログ村へ

フレッシュプリキュア!

私の住む地方ではつい最近まで再放送がありまして。何年か前にも再放送していたのに、絵柄や主題歌があまり好きになれなくてそのときは脱落。今回ようやくリベンジかないました。

個人的にプリキュアピンクの衣装はキュアピーチが一番かわいいと思った。好きになったのはやはりせっちゃんとカオルちゃん。せつなは敵側から味方側に戸惑いつつも寝返るところがよかった。衣装はキュアパッションのときよりも敵幹部のイースのときのほうが断然すきだけどね!声もよかった。

カオルちゃんは謎多きドーナツ屋、コワモテだけど人情に厚いところがいいキャラだった。話的にも欠かせないピースになってるし。視聴の中途でカオルちゃんの中の人の訃報があって、後半はカオルちゃんが出てくるたびにしんみりしながら見てた。

これまた何年も前にテレビで見たのだけど、お笑い芸人の原西さんがフレッシュプリキュアの変身シーンを体で再現していて、アニメを見たらキュアパイン再現度がとても高かったんだということがわかりましたよ。

話の中でダントツに印象に残っているのは、ペット用カツラの回(みんなで変身! フサフサ大作戦!!)。最終回よりもこっちが抜群に印象強い。

カツラの営業マンのピーチ父と動物病院経営のパイン父が奮闘する話で、敵もカツラになってしまって、なんかすごくシュールなのに、仕事がんばってるおっさん達が熱くていい話になってる。

あと画面のカメラワークとでもいうのか、構図がすごくいろんな方向から、立体的で遠近感がある凝った感じの絵が多くて、戦闘シーンも迫力があった。特に夕暮れの帰り道で安全ミラーに映りながらの会話のシーンは強烈に印象に残った。プリキュアを観ているのにプリキュアじゃないものを観ているような不思議な感覚だったことが忘れられない。

総合的に、観てよかったなあと思うプリキュアだった。

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

4部は漫画を読んでいなかったので、先がわからなくて毎回楽しみだった。

魅力的なキャラが多すぎて、主人公の存在感が2部3部と比べるとちょい薄かったような。むしろ友達の康一くんが主人公のような。露伴先生も立ってたし、ラスボスの吉影も悪なんだけど不思議な魅力を放つ奴だった。

最後に出てきた「黄金の心」というワードが、既読の5部と頭の中でつながった感じ。個人的には、映像化するならどれよりも5部が望みなんだけど、5部もやってくれるのかな。TVアニメは3部で終わりだと思っていたので、5部も期待してしまう。

 

美少女戦士セーラームーンCrystal 第3期<デス・バスターズ編>

子供のころはセーラームーンは5人までの時しか知らなかったので、うわさのウラヌスとネプチューンを楽しみにしてたけど、そこまで騒がしい内容ではなかった。最初ウラヌスの声が男の人にしか聞こえなくてびっくりしたわ。エンディングの二人の歌、良かったな…旦那に見られたらなんとなく気まずい気がして、一人のときにこそこそ見てた。

自分が恋愛的な第一線を通過し時が経ったせいか、うさぎ&衛、はるか&みちるの関係よりも、ちび&ほたるの友達関係にキュウキュウしながら見てた。最後もがっつり続きそうに終わってたし、ほたるちゃんの成長が楽しみだ…

別の局で昔のTV版(R)の再放送が同時期にあって、最初少し見たけれど、Crystalに比べてすごく冗長に感じられて、途中でやめてしまった。

 

僕だけがいない街

一日で全話一気に観た。続きが気になるやつでした。

シュタインズゲートを終えてすぐ続けざまに見たのもあって「あの時をもう一度やり直すことができたとしたら」っていう普遍的な感情は鉄板の下地なんだと再確認しました。

自分としては見た後はそんなに引きずる内容ではなかったので、ひとつの秀逸なエンタテインメントという感じ。コミックの感想を書いているとあるブログさんを読むと、そんな私の感想よりもっと熱量があったので、機会があったらコミックのほうを読んでみたい。

広告を非表示にする