読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳でアニメに目覚めたロスジェネの放浪記

アニメ・漫画・本の感想を主に書いています。ロスジェネなせいか色々彷徨ってます。

2015春アニメの感想・ブログは考える時間が必要・オンラインゲーム恐ろしい

ブログランキング・にほんブログ村へ

春アニメ、最終回まで全部見られていないけど、書きたいことは溜まっているのでかいてしまいますことよ。

俺物語!!

俺物語、すごくいい!! 私の中で今年一番いいアニメの座を獲得しました。あと半年残っていてもその座はゆるぎないことを確信させるほど、見ていて楽しい。

ベースは恋愛だけれど、スナとの友情もあり、タケオのド迫力アクションシーンもあり。見ている方は一話の中で笑ったり泣いたり、まるでハリウッド映画のようにてんこ盛り。登場人物はみんな真面目で一生懸命なんだけど、重い話はないので、読後感(本じゃないけど)もさっぱり。本当にハリウッド映画のように、エンターテインメントとして上質。

つっこみどころが少ないせいか、こんなに素直な気持ちで(余計なことを考えずに)見るアニメってひさしぶりな気がする。

特に6話は笑った。いつも笑うのは、タケオのデカさが大和さんや物体に対しておかしいところの絵面。7話の「だるびっしゅ!」も笑った。

あとは、絵もお話も丁寧なところがいい。大和さんがタケオにファンシーな絆創膏を貼ってくれるシーンが、それだけなのに涙が出ちゃうほどに。なんかもう、タケオ良かったねって気持ちが溢れてきた。話の運びと画面の丁寧さでこんなに感動的になるんだって感心した。

残りの視聴も楽しみ。

 

血界戦線

3話あたりから右肩上がりにおもしろくなっていってる。 7話まで見た中で、ピークは6話のバーガー好き異界人の話。笑ったし泣いた。傍流というか、オムニバス的な話が好きです。

5話もとっても良かった。レオがアリギュラたんにいじめられてるシーン、暴走トラックがバラケながら空を飛ぶシーン、レオとホワイトがドライブインシアター(でいいのか?)に居るシーン、の心地よさ。何度も見たい。

ブローディー&ハマーというキャラクターはすんごい気になる。どういう気持ちでひとつの体に同居しているのか。二人を魔改造をしてきたアリギュラにどんな感情をもっているのか。どちらにしてもあまり否定的でないところが謎すぎてテラ気になります。5話以降も出てきてくれるんだろうか。血界戦線は登場人物が多いからなぁ。アニメを一通り見終えたらコミック読みたい。

 

そして、クラウスさんが主人公してて良い。アニメはレオのほうが主人公なのかもしれないけど。

能力とケンカが圧倒的に強くて組織のリーダーってところもそうだけど、あくまで紳士で真面目な性格とか、チェスのようなゲームが大好きだったり、電車が珍しくてホクホクしてたり、ザップにだまされて助けに行くのにレオのバイクの後ろに乗ったり、何かとカワユイ。こういう愛すべき造形がクラウスさんの主人公たるところだとおもう。

4話でブラッドブリードを封印する話、クラウスさんのかっこよさが立ってたなあ。「推して参る!」の名乗りがいつも以上にかっこよかった。

最終話まで「クラウスさん萌え」の視点からも楽しみたい。

 

パンチライン

いつのまにか自然と見なくなってた… 多分3話くらいまでしか見てない。

今期は私生活に時間を取られることが多かった中、録画の優先消化から真っ先に漏れてしまったのがパンチライン。だって、「先が気になる!」ことがなかったから…

一番期待していたけれど、私には合わなかったみたい。

スペースダンディが匙加減を失敗していたら、パンチラインになるのかな~なんてぼんやりおもいました。古典的ギャグがオシャレに転ばず、ひたすら寒かった。あと声優さんがガッチリ打線組んでるのに、パンチラいっぱいしてるのに、全然エロスを感じないのもなんだか残念だった。絵もすごくキレイなのに、なぜなのでしょう。

キルラキルと比べちゃうんだけど、あっちはパンチラどころか結構な露出しといて、流子が恥らうところが良かったのよね。(個人的には声が小清水さんなところも良かった。セーラームーンCristalのまこちゃんを見て恥らう小清水さんの破壊力を確信した。)

パンチラインは見てるユウタがあたふたしてるけど、見られてる女の子はユウタが幽霊だから気づいてない。これが致命的な気がした。話数が進めばそういう関係にも変化があったのかも知れないけど、何しろ次への引きが無くてね~。

キャラの名前が覚えやすいダジャレなのはちょっとおもしろかった。「ひきおたに いと」なんて一生忘れないとおもう。

 

ブログは考える時間が必要

通院と仕事と麻雀に時間を割いていたせいで、2ヶ月もはてなを放置してしまったわ。

自分の更新をしないだけでなく購読記事も読んでいなかったけど、色々ひと段落したので久しぶりにみにきた。

やっぱり、記事を見て回ったり、記事を書いたりするのには、ある程度まとまった時間が欲しい。私がスマホでなくPCで作業をするのも時間が必要な一因だとおもうけれど、記事を見て色々考えたり、関連情報に目を通したりしながら、自分の考えをまとめる時間が必ず付随するから、ブログに割く時間というのは単にテキストを読んだり打ち込むだけの時間ではないということ。

むしろその付随時間こそがブログのエッセンスなのかもとおもう。個人の考えがないブログなんてきっと読んでも書いてもつまらないだろう。

 

オンラインゲームの怖さを知った

そんなわけで、空いた時間でサクッとできるオンライン麻雀をするわけだけど、ついついやめられなくて余計に時間を食うという事態に発展しましてよ。

オンラインゲームのメリットは、やっぱり人対人の対戦ができること、コレに尽きる。ゲームセンターでの有人対戦と同じだけれど、CPUとは強さがダンチなのです。COM対戦でもある程度レベルが設定できるとはいえ、人の戦い方には遠く及ばない。

しかも昨今のオンラインゲームはほぼ無料でできるから、お金の心配をせずにいくらでもできちゃう。これは恐ろしいことでございます。

なので自分で、3ゲームでやめるとか、1着とったらやめるなどの縛りを設定しないといけない。なんだかファミコン時代から同じことしてる…次のセーブポイントでやめるとか、一日2時間までとか…

子どもの頃は親の目があるからしぶしぶ守っていたことも、大人になると自制するしかないので、むしろ子どもの頃よりも自分の忍耐力や自制心が問われる。小さい頃からガマンすることを覚えるのは大切だなー。