読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳でアニメに目覚めたロスジェネの放浪記

アニメ・漫画・本の感想を主に書いています。ロスジェネなせいか色々彷徨ってます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。7話感想 桐乃と麻奈実の鏡写し

ブログランキング・にほんブログ村へ

黒猫がかわいく、ギャグパートも面白く、見ていて楽しい回でした。

 

田村屋の店先での京介と麻奈実の会話シーン、

麻奈実の声がちょっと怖いというか、悲しげに聞こえたのは気のせい?

声優さんの演技だとしたら震えるぞハート!

 

麻奈実・桐乃から京介へのアドバイスに共通点を感じた

二人が京介へ語った「黒猫さん」「その女の子」は、

半分は麻奈実自身、桐乃自身に置き換えて取れる気がした。

つまり、麻奈実・桐乃が黒猫の立場だったら、

京介にはこうして欲しいという願望の投影です。

桐乃も麻奈実も京介が好きだから、黒猫の気持ちがよくわかるってやつ。

 

そして、物語の最後に控えたトーナメントである

京介が結局誰を選ぶのか(あるいは選ばないという答えか)に対する

各自のプレゼン的なセリフにも聞こえました。

 

桐乃の

・真剣に考えてあげて。その子、あんたのこと本当に好きだから

が桐乃自身の「京介が本当に好きだから、真剣に考えて欲しい」

だとしたら…

これってきっと最終的に桐乃が京介に打ち明ける気持ちと同じですよね?!

うほーーー!

 

麻奈美の、

・黒猫さんとちゃんと向き合ってあげなさい

・自分の気持ちに正直に

・あせらないで考えて

これは、

「京介自身の気持ちを一番に考えて答えを出して欲しい」

という、いつも京介を大事にしてる麻奈実のスタンスそのもの。

「ちゃんと向き合って」は

幼馴染という近さゆえになかなか本気で考えてもらえない歯がゆさ。

だとしたら、ですよ。

おいおい… これって超切なくね?!

 

最後は本当にどうなるんだろう。

マジ盛り上がるわー! 勝手に一人で盛り上がっちゃうわー!